一間の寸法
サワダ建築事務所

簡単に言うならば、江戸間は柱芯間を182mmにしている間取りで設計モジュールは910mmで、現在殆どの地域、又住宅建材が採用しています。

又、京間は柱芯間を1970mm、設計モジュールは985mmの間取りです。しかし現在、建てられている京間住宅のほとんどは、本来の京間寸法ではありません。残念ながらこのサイズで建てると建材のロスが多くなり、廃材が多くなり坪単価が高くなります。現在のほとんどの京間のモジュールは955mmか960mmで設計されています。

詳しくは関東間は6尺(1,818)を一間として、8帖ならば二間で12尺(3,636)。しかしこれは、柱の芯から柱の芯までの寸法なので、畳の大きさは、そこから柱の太さを引くことになります。
柱の太さ3寸5分(106)とすると畳、一畳の大きさは3,636−106=3,530、3,530÷2=1,765、5尺8寸2分になる。関東間5尺8寸といわれる所以である。
又、京間の畳は6尺3寸(1,909)、これを一間として、8帖二間は12尺6寸(3,818)で、関東間と違って、柱の内々の寸法であり、柱の太さが3寸5分ならば、柱の芯から柱の芯までの寸法は、柱の太さをたして12尺9寸5分(3,924)となる。
つまり、同じ8帖でありながら、京間と関東間では、3924-3,636=288、約30cm、1尺も違ってしまいます。

畳の大きさ
●京間・関西間・本間間(ほんけんま) (畳:95.5×191cm)
長さが6.3尺あるところから六三間ともいう関西の京都、大阪、紀州から中国、四国、九州に多く一般的に京間と呼ばれる。
●佐賀間・六二間(ろくにま)(畳:94×188cm)
九州地方に多く見られる。
●安芸間・六一間(ろくいちま)(畳:92.5×185cm)
近畿・中国地方に多い。
●中京間・三六間(さぶろくま) (畳:91×182cm)
巾3尺、長さ6尺が語源。名古屋、岐阜地方を主とし福島、山形、岩手や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島に分布している。
●江戸間・関東間・五八間(ごはちま) (畳:88×176cm)
長さ5.8尺あるもので関東、東北、北海道など東日本の大部分を占めていますが、現在ではほとんど全国的に散在しています。俗称江戸間(えどま)、田舎間(いなかま)と呼び、京間と並び代表的なもの。
●団地間(だんちま)・五六間・団地間 (畳:85×170cm)
長さ5.6尺位だからで、近年新築された家屋に多く、特に団地に多いことからこのように呼ばれる。


昭和の中頃まで東日本では江戸間、西日本では京間で建てるのが一般的でしたが現在では新建材の普及とともに全国の木造住宅のほとんどが江戸間で建てられています。どの様式が正しいというわけではなく、地域の慣習ですので、表記は帖数のみとし統一性のある専有面積(m2)になっています。現在の畳の形式は遡ると平安朝時代と古く、身分により畳の大きさ、縁の生地・色を違えていたようです。畳の差別は江戸時代中期まで厳しく残り、明治時代になって畳の使用、縁の種類なども自由になりました。


京都市内では京間というと二間で12.95尺
3.5寸の柱が基準

13尺はミリメートルで言うと 約3939o、これを3940oとして一間を1970oで計算するのが
メートル法での京間、関西間の標準寸法となります
設計上,モジュールは一定の方が便利なので
関東間の 910 モジュールに対して関西間 985 モジュールとすることが多いです


一間は6尺。一尺は30.3cm

(一間(イッケン)×一間です。)一間は1.818m

3.305785uです。


建築士と業務 瑕疵担保 建築検査 改修計画 解体 古民家 性能評価 耐震 耐震チェック 定期報告 用途地域 一間 床面積 住宅用火災報知機 罰則規定 報酬新基準報酬旧基準 
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem