●隣地境界からの離隔距離が500mmをきれる場合
建築基準法上の制約は無い。
民法234条1項に、建物を建築するときは,境界から、
50センチメートル以上の距離を置かなければならな
いと規定している。
※この際、50センチメートルの距離とは,
建物の側壁又はこれと同視すべき出窓、その他張り出した部分と境界線との最短
距離です。建物の屋根や庇の先端など最突出部からの最短距離ではないと言わ
れている(東京高裁昭和58.2.7)。
 
ただ現状は、お互い様と考え、工事の際の足場等施工上又はメンテ上必要な距離、
下水等の配管・会所等の納まる距離としている事が多い。
枚方市との確認申請の事前協議の段階で、
配置図上で、柱芯.押さえの寸法表示になると思うけど、
500未満の数字ならば、建築主の誓約書が必要。
「当該建物建築後に、隣地境界から500mm以上の離隔距離が無い故に発生する、
隣地との紛争・トラブルに関しては、一切行政(枚方市)の方に苦情申し立てはせず、
当方で解決・処理します」 みたいな文章を設計が作成して、
一筆(押印)入れれば事前協議は通る。それから確認申請に進める。
 
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem