床下換気口
基本的には自然換気口により床下を換気する場合も、床下換気扇を付ける場合でも床下の乾燥を保つ設計上の留意点は全く同じです。

床下換気口の設計で重要な事項を幾つか上げますと次の通りです。

【湿気の元を断つ】

床下の湿気の原因としては、水はけの悪い地盤からの湿気、建物の水廻りの損傷による湿気、外気の湿気や結露による湿気、と言ったものが上げられます。

床下地盤からの湿気の対策としては、布基礎の場合は防湿シート等を敷き詰める事で、またベタ基礎であれば基礎底盤が防湿層の役目をし防ぐ事が出来ます。また、建物の水廻りの損傷に備え、1階床に床下点検口を設け、さらに床下空間は人が移動できる高さを確保した上で基礎立ち上がりに人が通れる開口を設置し床下の全ての部分に入れる様に基礎を計画します。この計画は水漏れの有無やシロアリ被害の有無を確認すると言った床下管理に重要です。

さらに、1階床下地には断熱材を設置します。換気の行き届いた床下は外部空間と同じ気温ですので、断熱をしないと1階は底冷えして、1階床室内側に結露を生じます。この水滴が床下空間に侵入しますと土台等を傷める原因となり、特に洗面・脱衣・便所といった水廻り床の断熱は重要です。

また、建物の周囲の地面が湿気を帯びている場合は、いくら換気をしても湿気が入ってきますので建物周囲の通風を確保すると同時に地面の水はけの確保などの防湿対策が必要です。

【通気に配慮した床下計画】

現在の木造の換気方式の主流は、床下換気口タイプと土台通気タイプに分かれます。

土台通気タイプは土台の下にパッキンを噛ます事により土台を基礎から2cmほど浮かしこの隙間を使って換気する方式で建物のほぼ全周からの換気が可能です、また室内の壁下の土台下にもパッキンを設置しますので同じく隙間が有り換気経路を気にすること無く床下全体を換気することが出来る上、建物外周部の基礎に換気口による欠損を生じない為構造上も有利と言えます。尚、この換気方式は強制換気による床下全体の換気が効果的に働きにくいタイプと言え、強制換気は便所や洗面所の床下といった局所的な換気を目的としての設置となります。強制換気扇は基礎の断ち上がり部分穴をあけて設置するのが一般的でダクト等を利用する事もあります。

床下換気口の場合は土台と基礎の間に隙間は無く、建物外周部の基礎に設置した換気口から入った空気が床下内部に設置した人通口を通り反対側の換気口から出て行く事により床下を換気します。床下を流れる風は出来るだけ直線に最短距離を流れようとする傾向があり、この換気方式では空気の流れる経路の計画が重要です。床下を空気が直線的(若干ずらす)に流れるように換気口や人通口を配置し、換気経路から飛び出した部分や換気経路がやたら長くなる事の無いよう計画します。特に便所や洗面所といった部分の床下は入り組んだ形になりやすく換気不良となりがちですので、外部に面した換気口を設置する様にします。

強制換気扇はこの基礎の床下換気口の部分に設置するのが一般的で給気扇と排気扇を併用すると換気効率が上がります。尚このタイプに強制換気を設置する場合でも換気経路に関して全く同じ配慮が必要になります。

【私共の場合】

個人的には新築の場合、ベタ基礎+床下換気口+適切な換気計画と湿気対策+基礎の補強という方法で設計する場合が多く湿気の元を断てばこの方法で必要十分の換気が確保できると考えております。リフォーム等でどうしても湿気の元を断てない場合、強制換気の採用を検討します。また気温が低く空気の乾燥している冬においては、積極的な換気は不要とも考えており、気温が10℃程度を下回れば形状記憶合金が動作し換気口を閉じるような換気口を寒冷地等ではおすすめする場合もあります。これは換気口を塞ぐことにより1階床をより冷えにくくする工夫です。

また、強制換気を導入する場合は、常時運転方式では無く、気温や湿度に応じて動作を制御する物をお勧めしております。梅雨時期や夏の夜など湿度の高い外気を常にとり込んでもあまり意味がありません。ちなみに換気扇でも換気口でも、そもそも外気の湿度より床下の湿度を下げることは出来ません。

さらに、少し視点を変えて、床下の乾燥という意味ではOMソーラーと言うシステムを導入する方法もあります。OMソーラーでは空調用に床下空間を外部から隔離し利用しますので結果的に床下空間は良い状態を保つことが出来ます

パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請memo