サワダ建築事務所
Sawada Architects&Engineers
tel 072-851-1301
上棟式









◆上棟式について◆
竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われる。
式の方法や次第には神社の祭祀のような規定はなく、地域による差異もある。
屋上に祭壇を設けそこで祭祀を行うものや、祭壇のみ屋上に設けて祭祀は地上で行うもの、祭壇も祭祀も地上のものの区別もある。
神社本庁では「諸祭式要鋼」で上棟式の基準を示している。それによれば、祭神は屋船久久遅命(やふねくくのちのみこと)、屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)、手置帆負命(たおきほおいのみこと)、彦狭知命(ひこさしりのみこと)および当地の産土神である。まず、他の祭祀と同様に修祓・降神・献饌・祝詞奏上が行われる。次に、上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)、 散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)が行われる。最後に、他の祭祀と同様に拝礼・撤饌・昇神・直会(なおらい)が行われる。

建前、棟上とは普請を生業にする職人がいる地域では、棟梁(大工)が中心になり大工の作成した番付表(組み立て手順書の様な物)を見て鳶職が軸組みの組み立てを行い一番高い棟木を設置する一連の作業を指す。その最後の作業からその後の儀式を上棟式、棟上式という。鉄筋コンクリート造のビルの場合でも、主要な構造ができあがった時期に行われることがある。日本以外にも韓国、台湾、香港、マカオにも上棟式をする儀式やお払いがある。

◆上棟式の費用◆
一般的には工務店には支払ません。
支払ってもお供え程度。
上棟にあたり施主が棟梁や下手間の応援大工やレッカーまたはクレーン車の運転手、プレカット屋に気持ちを渡します。
又、営業担当や現場管理者にも渡すのもかまいません。
金額は棟梁が拝むならば1〜2万で他が半額程度。
田舎では3万や5万とかもありえますし、棟梁に5000円で他が3000円もあり得ます。
全くしない人も多いのが現在です。

又、最近は棟上げ式にお酒を飲ませない事もあり、
祝弁当(赤飯弁当)+お茶+祝儀5千円 というのもありますね。 あとはジュースで乾杯もあります。
ただ、棟梁(または、親方)には、少し色を付ける場合が多いです。

四方を清めますので、塩とお清めの清酒の準備が要ります。
また、祝儀も弁当も全く振舞わないケースもよくありますので、祝儀を出す出さないかは柔軟にお考えください。



建築士と業務 瑕疵担保 建築検査 改修計画 解体 古民家 性能評価 耐震 耐震チェック 定期報告 用途地域 一間 床面積 住宅用火災報知機 罰則規定 報酬新基準報酬旧基準 家屋と法律 地鎮祭 地鎮祭 上棟式 
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem